メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

人間の尊厳伝える災害取材

好奇心高め、質問する力を

李淼 香港フェニックステレビ(鳳凰衛視)東京支局長

 私は香港のフェニックステレビ(中国語名・鳳凰衛視)の東京支局長をしている。11年前に支局を立ち上げてから、日本の政治や経済、社会、国際問題などを取材し、中国を軸に世界へ発信している。同テレビには六つのチャンネルがあり、ニュースチャンネルは中華圏で2億人以上が視聴しているとされている。国際報道に力を入れていて、9・11同時多発テロを中華圏でいち早くリアルタイムで報道し、中国で一躍有名になった。中国の指導者が集まる中南海やエリート層の情報源とも言われている。

 私がジャーナリストを志した理由やこれまでの取材活動を紹介することで、若い人たちにやりがいや使命感、特に外国の出来事を自国に伝える特派員記者の仕事の魅力と厳しさが伝わればと思い、原稿執筆を引き受けた。もちろん、中国と日本では政治体制や言論・メディア環境が大きく異なる。だが、ジャーナリストの精神に国境は関係ないことを感じ取ってもらえれば嬉しい。

建前より真実に迫りたい

 もともと、ジャーナリストを志望していたわけではない。子どもの頃は、外交官になるのが夢だった。猛勉強をして、16歳で中国の大学に入学。卒業後、北京で2年間、対日外交に関する仕事に携わっていた。その後、日本への留学の機会に恵まれ、慶應義塾大学大学院の修士と博士課程で国際関係論を学んだ。

 日本での8年間の留学生活で、中国で学んだ日本と、本当の日本には大きなギャップがあると感じた。日中は「近くて遠い国」であり、「相互理解を深めましょう」という建前も虚しく聞こえた。

「これから何をやりたいのか」と悩んでいた時、たまたまフェニックステレビから仕事の打診があった。まず何度か生出演をした後、正式に東京支局を立ち上げてほしいとの話がきた。

 原点に立ち戻って考えた。大学時代は放送部に所属し、ラジオやテレビに大学生キャスターとして出演したこともあった。日本に留学してからもNHK国際放送の中国語放送でアナウンサーの仕事をした。多くの人の役に立つ正しい情報をわかりやすく伝える仕事に、やりがいを感じた。外交官でなくても、「本当の日本、本当の中国を伝える」ことで「近くて遠い」両国の架け橋となる仕事ができるのではないか。留学中に出会った夫の後押しもあり、決心は固まった。

生放送の涙、人々どう見た

東日本大震災では、東京発の緊急ニュースを伝えた=2011年3月拡大東日本大震災では、東京発の緊急ニュースを伝えた=2011年3月
 2011年3月11日。この仕事を始めて4年目だった私にとって、その後のジャーナリスト人生の中でも忘れられない日となる。

 当時、民主党政権の菅直人首相に外国人献金問題が発覚し、注意深く取材、報道していた。午前中の取材を終え、午後の番組でこの問題を中継リポートする予定が入り、昼食もとらずに原稿に没頭していた。その時だった。経験したことのない大きな衝撃。狭い事務所にある本棚やスタジオの天井に吊るした照明器具が揺れ出した。すぐに生後半年の娘と自宅で留守番中の母に電話した。そして、揺れの収まらない中で中国のミニブログ、微博(ウェイボー)で発信した。

「东京又地震了!!不是狼来了(東京でまた地震が起きた!!今回は『オオカミが来た』のではない)」

 この文章が、中国語で発信された最初の地震情報と言われている。

 重大な事件・事故の第一報をどう伝えるか。地震大国である日本で特派員をする以上、いつか大地震に遭うだろうと覚悟はしていた。最も大事なことは、第一報をいかに1分でも1秒でも早く中国に伝えるかだ。会社のモットーは「大事件が起きた場合、フェニックスが現場にいる」。イラク戦争が勃発した当時も、いち早く記者を戦場に送り込んだ。

 中国にとって、日本は重要な隣国だ。大災害が発生した時、他社よりも早く報道しなければならない。時々、頭の中でシミュレーションもしていた。しかし、いざ大地震が起きると、困難にぶつかった。案の定、香港の本社に電話はつながらない。インターネットはつながったが、まだLINEもWeChatもない時代で、MSNメッセンジャーでオンラインしていた本社の同僚に「日本で大地震が起きた。すぐに緊急ニュース(Breaking News)に切り替えてほしい。いつでも東京からリポートできる。大至急、ニュースの責任者に伝えてほしい」と言い、やっと本社に第一報を知らせることができた。

 ニュースチャンネルはただちに報道特番を編成し、私はカメラの前で余震を感じながら刻一刻と変化する状況を伝え続けた。NHKニュースの放送を横目に努めて冷静に伝えていたが、途中でヘリが撮影した映像が飛び込んできた。「襲ってくる巨大な津波に家や車、地上のありとあらゆるものが飲み込まれていっています……心が痛みます」。そう話しながら声が詰まり、涙が出てしまった。もちろん、こんなことは後にも先にもない。

 このシーンは中国で大きな話題となり、様々な議論を呼んだことは、後で知った。私の微博には視聴者からコメントが殺到していた。「日本のために涙するのが情けない」「許せない」との批判の声も少なくなかった。だが、日本の被災状況を自分の目で見て伝え続ける中で、徐々に「災害を前にして国境はない」「今こそ中国が日本に助けの手を伸ばす時だ」「日本の方々を全力で助けてあげましょう」といった書き込みが増え、同情的な声が圧倒的になっていった。

 その後、全世界を驚愕させた福島原発事故が発生し、昼夜問わず、長丁場の取材の試練が始まった。被災地に入り、平和な暮らしを失った被災者、津波で児童らが犠牲になった大川小学校、津波の爪痕が残った石巻の工場、中国人研修生を助けるため犠牲になった女川町の日本人、すべて深く心に刻まれた取材となった。涙の生放送シーンが、日本の震災にいかに向き合うべきか、中国の人々に考えるきっかけを与えたとするなら、私の使命を果たせたのではないかと思っている。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

李淼

李淼(リ・ミャオ) 香港フェニックステレビ(鳳凰衛視)東京支局長

中国吉林省出身。慶應義塾大学大学院博士課程単位取得退学。NHK国際放送中国語アナウンサーを経て、2007年から現職。日本の政治や安全保障、日中外交を中心に取材。首相や大臣など多数の政治家に単独インタビューした。東日本大震災、福島原発事故、熊本地震などの災害では現地取材した。個人ミニブログに67万人のフォロワーがいる。

NEWVC HONBAN !!