メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

ヒトは本来、一つだけの言語を使うものなのか

グローバル化とデジタル化が言語を殺し、単一化へ向かう世界の危機

アブドゥルラッハマン ギュルべヤズ 言語学者、社会学者

拡大先住民族の言葉で書かれた看板=1963年5月、カナダ北部・バフィン島のフロビッシャー・ベイ   

近代国民国家は「言語国家」である

 多言語。この言葉を聞く機会は、私が日本に住み始めた15年前にはほとんどなかった。

 日本では、2か国語、3か国語を使いこなす人は極めて珍しい。島国という地理的な特殊性から、他国との政治経済上のかかわりが希薄なことに加え、海外からの移住者や難民、国際結婚をする人が諸外国と比べて少ないことが理由であろう。国と国が隣接するような地域には自然と複数の言葉を話す子どもやお年寄りがいるのだが、日本のような土地の人にとっては少し想像し難いかもしれない。

 「人間は普段1言語だけ使用するものである」という思考は、日本国民固有のものではない。人間の普遍的な見解でもない。正確に言えば、これは、われわれの時代の民主的な情報社会に偏在している考え方である。

 それを「現代的な偏見」と呼ぶか、学校や社会教育による観念的教化とみなすべきかはさておき、「人間社会はそれぞれ『母国語』と呼ばれる単一の言語を当然持つものである」という観念は、近代西洋社会の出現と発展に不可欠の要因であったことは確実である。

 なぜなら、近代ヨ―ロッパで生まれ、全世界中で支配的な政治システムとなっている「民族国家」の出現を誘発し、それに生気を与えた国造りの過程は、主として言語条件に基づいたものだからだ。

 泥や砂利から砂金を分離するように、国造りのプロセスから見せかけにすぎない仰々しさや華麗を取り除いたら、後に残るものは言葉のみであろう。近代国民国家とは、歴史的にも現状においても、事実上で言語国家である。

 言い換えれば、近代西洋文明史において、国造りとは、何よりも先に、国語作りであった。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

アブドゥルラッハマン ギュルべヤズ

アブドゥルラッハマン ギュルべヤズ(Abdurrahman Gülbeyaz) 言語学者、社会学者

1962年、トルコ・イスケンデルン生まれ。トルコのガージ大学、ボスフオラス大学、ドイツのハンブルグ大学で言語学、音楽学、医療社会学を専攻。大阪大学人間科学研究科で「言語と音楽における意味:言語行為と音楽行為における変形過程」で博士号取得。主な研究分野は記号論、言語学、社会学、哲学。ドイツ・ハンブルク在住。

アブドゥルラッハマン ギュルべヤズの新着記事

もっと見る

NEWVC HONBAN !!